• 阪大バレー部の最新HPです

皆様どうもこんにちは。いや、こんばんは。はたまたおはようございますかもしれません。ご入学おめでとうございます。ご存知安保貴悠です。

一応自己紹介をしておくと、お茶目でキュートな新四回生セッターです。どれだけお茶目かというとミールがない春休み期間にお弁当を自作するほどお茶目です。お弁当作り、案外楽しいので皆さんも機会があれば是非やってみてください。

さて皆さん、前置きはさておき、とうとう新学期が始まりましたが入る部活、サークルは考えていますか?

まずサークルと部活があって、またそれぞれにも様々な団体があって皆さんは今、迷える子羊ちゃんかと思います。そこで今回、僕が部活動になぜ部活動に入ったか、入ってどのように感じ、どう生きてきたかを紹介していきたいと思います。その上で皆さんがどのような大学生活を送るか考える助けになればよいなと考えています。

ここからはつらつらと自分語りを始めますが、まず僕が部活動に入った理由を書きます。それはまだまだ上を目指せると思ったからです。僕は高校からバレーを初めたわりには上手く(自分ではそう思っていました)、また高校も正直そんなにレベルは高くなかったので良い環境でやれば最強になれると思いこんで入りました。入った時点では今以上に糞雑魚でした。今でもくそ雑魚ですがしぶとく続けています。変態ですね。

自分が続けることが出来ているのはシンプルにバレーが上手くなりたいからかなと思います。中には自分が下手すぎて入るの迷ってる人もいるかも知れません。その気持ち、わかります。確かに下手すぎてしんどくなることはありますがゲームみたいな、レベル上げしてる感じで、成長する楽しさがありますし、上手くなれたらやっぱり楽しいです。バレーおもろいです、やっぱり。まだまだ至らない部分はありすぎるものの確実に成長できましたし、どうすれば上手くなるか、考えながら(自分にとっては)高いレベルでやれたのは凄い良い経験になったと思います。これは試合に出る可能性が高いから言える綺麗事かも知れませんが、僕はそう思います。

また、バレー部で生きてきた中で当然嫌なこともあります。なかなか試合に出られなかったり、不遇な扱いを受けて何やこれと思ったこともありました。しかし、そのような嫌なことを圧倒的に上回る良いことがたくさんあります。就活で強かったり、生活習慣整ったり、色々ありますが、一番は人との出会いです。同じ目標を持って共に時間を過ごす仲間は確実にかけがえのない存在になっていますし、おそらく人生最後であろう青春を、奴らと過ごせて良かったと思います。それは自信を持って誇れることです。

僕の自分語りはこんな感じです。まとまりのないごちゃごちゃした文章ですが何か参考になることが少しでもあれば此れ幸いかと存じます。

最後に、サークルに入っても、部活に入っても、はたまた両方に入らなくても、それぞれ良い所、悪い所あって過ごし方次第で貴方の大学生活は充実すると思います。真面目に生きても、惰性で生きても大阪大学ではそれなりの生活を送れることでしょう。しかし、その選択は大学生活という節目で貴方が「何者に成るか」を決める大きな選択だと思います。その選択には十分時間をかけてほしいと個人的には思いますが、良ければ貴方が成りたい貴方を形作る過程の1つにバレー部を選んでくれたら嬉しいです。楽しい人達、優しい人達、頭のおかしい人達が貴方がバレー部の門を叩くのを待っています。ぜひ、選択肢を増やしに気軽に見学に来て下さい。

僕からは以上です。長々と自分語りを読んでいただきありがとうございました。
次は小ボケも本気で聞いてくれる真面目マネージャー、新二回生の村田です。どのような文章を書いてくれるか楽しみですね。ぜひ、お楽しみに!
あと彼女は今日誕生日なのでここまで読んだ人は祝って上げてください。せーの、誕生日おめでとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA