• 阪大バレー部の最新HPです

おはようございます。

僕は大阪大学理学部化学科、新2回生の柏野佑太です。このブログでは大学の長期休みで、部活以外のことで何をして過ごしていたか話そうと思います。新入生向けの情報については、1個前と2個前のブログに書かれているのでぜひそちらをご覧ください。とても有益な情報なので見る価値ありですよ〜。本題に戻りまして、ここでは8、9月にある夏休みと2、3月にある冬休みの2つに分けてそれぞれ話したいと思います。

まずは夏休みから。
夏休みは部活ばっかりやっていたイメージで、それ以外何をしていたかあんまり覚えてないんですが、強いていうと車の免許を取りに行ってました。僕は実家(高槻)から大学に通っていて、教習所が実家の近くにあったので、免許を取るのがちょっとめんどくさかったです。それに対して、当時唯一僕と同じ一回生で免許を取りに行っていたのが、一個後のブログリレーで登場する田中翔太という男なのですが、田中は大学の近くに一人暮らしをしていて、比較的教習所が大学から近くて、通いやすそうで羨ましすぎました。。しかし田中には欠点がありまして、それは、まだ田中が運転している車に乗ったこともないのに、みんなが田中の運転する車に乗りたがらないということです。免許を取ることができると同期のバレー部たちと車を使って少し遠くのところに遊びに行ったりするんですが、当然その時には、僕か田中のどちらが運転するかという話題になります。その時に何故か運転手に選ばれるのが、決まって僕なんです(運転面倒くさいけど嬉しい)。その理由が、田中の車には乗りたくないからというとっても可哀想な理由なんです。なぜここまで田中の車が不人気なのかは、実際に田中という男を見て、話してみるとわかります。僕も同期のみでの車移動なら、絶対に自分で運転したいです。免許持ってるので多分運転させても大丈夫なんですけどね。何故か不安なんです。この不安が払拭されるよう、田中には頑張ってもらいたいものですね。

次に冬休みです。
冬休みも部活ばっかりやっていたんですけど、オフらしいオフを過ごした日があって、それはバレー部で日帰りで温泉に行った日です。兵庫県にある有馬温泉というところに行ってきました。大学からそこまで離れていなくて、そんなに早起きしなくても十分楽しめる時間居れたので、ぜひ行ってみてください。僕も行くまでそうだったんですけど、有馬温泉という名前だけ知っていて、実際どんな感じなのかわからない人のために説明すると、有馬温泉という温泉がただ一つあるのではなく、『有馬温泉 金の湯』、『有馬温泉 銀の湯』、『有馬温泉 太閤の湯』を総称して有馬温泉と呼んでいます。温泉だけでなく、湯宿などもあり、近辺は一大温泉街となっています。僕たちはこれらの温泉のうちの一つである、『有馬温泉 太閤の湯』に入りました。そこでは新2回生になる畑中にサウナの入り方について教えてもらいました。サウナ→水風呂→外気浴を何回か繰り返していたんですが、水風呂に何分も入るのが一番しんどかったです。一人でやるには気合がいるので、誰かとやることをお勧めします。でもとっても気持ちよかったです。新入生の皆さんは、部活のオフで気休めに行ってみてください。疲れが取れることを保証します。

以上で、僕のブログを終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました。
次は新2回生の田中です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA