• 阪大バレー部の最新HPです

こんにちは!新4回生マネージャーの永見です。時の流れはあっという間ですね。4回生という響きに恐れ慄いています。新入生の輝きに負けないよう、いつまでもフレッシュに頑張りたいと思います。

さて、前回のブログみなさん読みましたか?私は読んでいません。サッカーはさっぱりな私にはちょっとわからなかったですね。上回生ブログ初っ端から脱線するというはちゃめちゃな彼に、ぜひ会いに来てください。ということで、新歓ブログらしく今回は真面目に阪大バレー部について語っていこうと思います。

ついこの間入部したような感じがするのですが、それからはや約3年が経ちました。そこで、阪大バレー部に入って良かったなあと引退間近の今だからこそ思うことをお話しようかなと思います。

1. 人との繋がり

私が阪大バレー部に入って得たものの中で一番大きいのは、仲間の存在です。たくさんの人との出会いがあり、またずっと一緒に部活をしてきた同期はとても大切な仲間です。

人との繋がりという点での阪大バレー部の主な特徴は、
①全学の部活なので、様々な学部の人がいる
②多くの大学との交流試合がある(七大戦など)
ということが挙げられます。
部員は理系文系、キャンパス問わず様々な学部から集まってきています。もちろん授業優先なので、みんなしっかり単位を取りながら部活動に参加しています。


そして、他大学との交流もあります。
全国から旧帝大7大学が集まる七大戦、名古屋大学との阪名戦、その他練習試合など、たくさんの人と知り合う機会があります。写真は2018年の七大戦の様子です。ここ最近は某ウイルスの影響で開催できていませんが、新入生の皆さんはきっといつかこれらの大会に参加することができるでしょう。私も応援に行けるよう開催を願っています。

部活生活を振り返ってみると、私個人としては同期の存在が一番大きかったなと思います。
自分で言うのもなんですが、私の代はびっくりするほど仲が良いです。普段の練習の時に仲が良いのはもちろん、七大戦などの遠征や合宿の時はみんなでご飯を食べたり、部活以外でもタコパをしたりBBQやスノボに行ったり、、、最近はこれまた某ウイルスの影響で集まることはできませんが、状況が落ち着いたらまたみんなで遊びに行きたいですね!


(七大戦の夜in福岡)


(合宿の日の朝)

合宿では、私の代の選手が明らかに定員オーバーの部屋で全員でぎゅうぎゅうになって寝泊まりしていました。部屋を分けるのが寂しいのでしょうか、可愛いですね。マネージャーはそこまで人数がいないので、広々とした部屋で快適に過ごしました。

部活となると、やはり忙しさや大変なこともあるのでモチベーションを保つのが難しいです。しかし私がこれまで部活を続けてこれたのは、先輩後輩、そして何より同期がいたからだなあと思います。普段は恥ずかしくてこんなこと言えませんが・・・。
部活動は、多くの時間を費やすからこそ得られるものも大きいのではないかと思います。苦楽を共にした友人はかけがえのない存在で、バレー部に入って良かったなあと感じます。


マネ同期のまなみん(真ん中)とよしの(右)


入部後1ヶ月弱の新人戦の様子
すでに強い絆が見え始めています

2. 親しき中にも礼儀あり

部活に入ると、1つの組織の一員となる上で大切なことを学ぶことができます。
遅刻しない、挨拶する、きちんとする時はきちんとする、など、基本的なことですがとても大切なことだと思います。また、部活は自分たちで中心となって運営していくので、色々な係や役職を責任持って果たすということも大切です。これは大学の部活動の特徴ではないでしょうか。
ちなみに、上下関係がめちゃめちゃ厳しいとかはないので、ぜひ部の雰囲気を見に一度見学・体験に来てください!

3. 運動不足解消

ここからは、マネージャーをしていて良かったなあと感じることを紹介していきます。

まずは、運動不足の解消と、ちょっぴり運動ができるようになることです。
阪大バレー部のマネージャーは、ボール出しやスパイクのボール拾いに走り回ったり、ボールを投げたりと割と動きます。自粛期間明けの部活では、体力落ちてふらふらでした。運動は大事ですね。長期休みは午前に練習があるので、規則正しい生活も送ることができて一石二鳥です。
また、ボールにもすぐに慣れてボールと友達になれます。時間がある時は選手と一緒にトレーニングしたりもします。よしのちゃんはストイックなので、プランクしている姿をよく見かけます。
私含め運動部出身ではないマネージャーもいるので、未経験者大歓迎です!もちろん選手でも、バレー未経験の先輩で活躍されていた方もいらっしゃるので、未経験でも大丈夫ですよ!


自慢の脚力で先輩から逃げる私(ちゅうそんさんごめんなさい)

4. ホワイトデーがとってもとっても楽しみになる

マネージャーにとっては一大イベントですね。
バレンタインデーは部員全員にお菓子を振る舞います。今まで一度も一人でお菓子を作ったことのない私にとって、大量のお菓子を一日で作るのは正直苦痛でしたが、ホワイトデーのために頑張りましたね。お菓子を作るのが好きなマネちゃんは楽しそうにお菓子を配っていました。羨ましいです。
ホワイトデーは、選手全員からお返しがもらえるので、一年で一番嬉しい日と言っても過言ではありません。
しかし、なぜか去年はお返しが省エネ体制になってしまったので、マネージャーは少し落ち込んでいました。一人でマネ全員分のお返しを準備してくれた人の株は爆上がりでした。(もちろんもらえるだけでとっても嬉しいんですけどね!!怒られそう)

ちなみに今年は、某ウイルスの影響でバレンタインの時期は部員と会えておらず、何も渡すことができませんでした。そのため、ホワイトデーも今年は無しか・・・と思っていたのですが、なんと今日新4回生のしんちゃんからクッキーをもらいました!※奥の人ではありません
日頃の感謝を伝えてくれるしんちゃんはいい人ですね。こちらこそいつもありがとうです。

部員の皆さん、マネ一同まだまだホワイトデー受け付けております!

いかがでしたか?内容の脱線具合が人のこと言えないよと言われそうですが、一番伝えたかったことは1つ目(と4つ目)の部分だったので満足しています。まだまだバレー部に入って良かったと思うことはたくさんありますが、新入生の皆さんには気軽に見学・体験に来てもらってその良さを体感していただければいいなと思います。
ブログリレーはまだ始まったばかりなので、今後の担当の人が阪大バレー部についてどんどん紹介してくれると思います。ぜひチェックしてみてくださいね!

次の担当は、ゆる系ポケモンマスターの曽我(新3回)です。

彼は歯学部という秀才ながら、浜田(新3回)とポケモンを捕まえに行くのが趣味というギャップを持ち合わせています。実はあまり喋ったことがないので、彼のキャラをいまだに掴みきれていません。どんなブログを書いてくれるのでしょうか、お楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA