• 阪大バレー部の最新HPです

はじめまして。大阪大学歯学部歯学科一回生、曽我健士郎です。2000年10月15日生まれ、出身地は滋賀県の愛荘町です。市ではなく町です。出身高校は膳所高校で、同回生の皓一朗さんはバレー部の先輩でした。バレーは高校から始めました。小中は剣道をやっていて、うちの中学は全国に行ったこともあるくらいそこそこの強さでした。ポジションについて、高1の頃はセンターをやっていたのですがあまり自分に向いていなかったため当時の監督に「セッターやらせてほしいです」とお願いしたところ、「お前にセッターは向いてない、その代わりレフトで使う」と言われレフトになりました。それからずっとレフトでやっているのですが、未だにセッターをやりたいとも思っています。

↑背番号3がぼくです。左右のシューズの紐の色が違う人が数人いるのは気にしないでください。

 

 

 

晴れて阪大バレー部に入部したのですが、入部して1番驚いたことはプレイヤー全員がユニフォームを貰えるということです。なのでユニフォームの背番号は1〜44まであります。高校の時は1〜12までしかなかったので驚きです。背番号は先輩が選んでいなければ若い番号も選べるのでぼくは「7」にしました。7を選んだ理由の1つは、ぼくの1番の憧れの選手であるジバの背番号が7だからです。ジバはブラジルのバレー黄金期を支えた選手で、YouTubeに動画があると思うのでジバを知らない人は是非見てください。

 

 

 

趣味はYouTubeで海外の選手のプレーを見ることです。もちろん国内の高校、大学、実業団の選手のプレーも見るのですが、やはり海外の選手の上手さは異次元的です。特にぼくがアウトサイドヒッターで上手いと思う選手を紹介します。Wilfredo Leon (POL)、Joandry Leal (BRA)、Michal Kubiak (POL)、Earvin Ngapeth (FRA)、Uroš Kovačević (SRB)の5人です。是非調べてみてください。

 

 

 

最後に来年阪大バレー部に入ろうか迷っている人に向けて話したいと思います。バレー部に来た当初ぼくは先輩方が恐かったのですが、先輩方は自分に優しく接してくださりすぐに馴染むことができました。体育会の先輩恐そうだな〜と思う人は安心して入部してください!ぼくら1回生を始めとした先輩たちが皆さんに積極的に話しかけます!バレー好きな後輩は可愛がりたいものです。

 

あと、医学部医学科、歯学部、薬学部の新入生に向けて話したいと思います。この3つの学部学科は6年制で2回生から非常に忙しくなるため、全学の部活に入る人はほとんどいません。各学部専用の部活に入る人がほとんどです。実際バレー部には6年制の人間はぼくだけです。しかし、皆さんにはぜひバレー部に入ってほしいです。というか全学の部活(もしくはサークル)に入ってほしいです。理由は単純で、色々な人と交流することができるからです。他学部の人と話すことで得られる新しい発見もあります。

特に医学科、歯学部は留年しやすいこともあり、入ろうか迷ってる人もいると思います。まずは1度部活に来てぼくに相談してください!何でも相談に乗ります!

 

 

 

バレーのことや歯学部のことなど書きたいことはまだまだあるのですが今回はこのへんにしときます。

次のブログリレー担当は洛南高校出身の田端くんです。いつもタブレットを手にしながら行動している彼はどんなブログを書いてくれるのでしょうか!

汚い文章になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。技術も体力もジャンプ力もパワーも周りよりも劣っているのでこれからの4年間頑張っていきたいと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA