• 阪大バレー部の最新HPです

安保から紹介されました人間科学部新一回生、井上皓一朗です。

滋賀県の膳所高校出身です。大塚雅基先輩の後輩であり、同回生の曽我健士郎の元先輩です。なぜこのような複雑なことになってしまったのでしょうか。それは曽我が現役で合格してしまったからです。本来膳所高生は浪人するのが常ですが、曽我は受かってしまいました。

あゝ曽我。ということで僕は今年の6/9に成人しました。大人です。酒・たばこ買ってこいと言われればいつでも買いに行きます!

曽我健士郎がタメ語で喋ってくれないことが最近の悩みです。最近「嘘乙」とタメ語(?)で言われ少しうれしかったです。

好きなアーティストは,乃木坂48, SUPERworld, スキマスティッチ, sumuka, the oral kitabeppu, Mrs.Green children, KIITOKU?, two o’clock, SINK OF KITCHEN で、主に邦ロックを中心に聞いています。にわかですが、邦ロック好きな人ぜひ話しかけてください。部活中は自分の下手さに打ちひしがれているので無口ですが、喋りかけてくれれば音楽に限らずいっぱい話すのでどうぞよろしくお願いします。

↑ 迷いネコが家に入ってきたので撮った記念写真。めっちかわいい。(猫が)

 

ポジションは高校ではセンターをやっていました。そのため大学でもセンターをやるつもりですが、ひそかにWSもやってみたいという気持ちもあります。課題は星の数ほどありますが。背番号は高校の時1番だったので1番を選んでしまいました。うまくないのにごめんなさい。

大学では海外旅行に行くこと(東南アジアや中央アジアに行ってみたい)と彼女を作ることが目標です。つまり彼女と海外旅行に行くことが最大の目標です。

#部活に入ったので夢はついえたかも #部活を言い訳にしたらダメ

 

さて、突然ですが皆さん柔軟、得意ですか。私は本当に苦手で、すべての動作の中で柔軟が一番苦手です。食べ物で言うとシュネッケンぐらい苦手です。拷問で八つ裂きの刑とかになったら一番に死ぬんだろうなと日々妄想しています。高校ではあまり意識していませんでしたが、大学でバレーをしていくうちに自分に一番足りないものは柔軟だと気付きました。

まず、肩。全然回りません。悲しくなります。最近肩の痛みから整骨院に通っているのですが「ここまで硬い人はまれや。」と言われました。失礼やなこいつ笑と思いながらも、よくよく考えたら身の回りで自分より体が硬い人を見たことがないので納得しました。

次に股関節。バリカタです。そのせいで膝に負担がかかってあぐらを長時間かけなくなりました。僕は床の上でどう過ごせばいいのでしょうか。うつ伏せですか?

そして、背中。微動だにしません。やはり、うまい選手のスパイクは背中が十分に反っていて、体全体で打っているというイメージがあります。そのスパイクフォームは美しく、こんな風に打ちたい!と思ったものでした。

その他の部位も全て固いです。柔らかい部分なんてありません!!!(ドヤ) 部活の初めの床タッチとか訳わかりません。せめて弁慶の泣き所タッチぐらいで勘弁してほしいです。

じゃあどうするかというと、やはりとにかく柔軟運動をすることです。とにかく柔軟して、そして正しくしなやかなフォームを身に着けて、一歩でもレギュラーに近づくことができるよう努力していきたいです。

誰か、この柔軟がいい!効果的!ってものがあればぜひ教えてほしいです。(謝礼なし)

ぜひ試させていただきます。

 

次にブログを書いてくれるのはバレー部の異端児、岡庭遼岳(おかにー)です。

平日はバレーのパンツでキャンパス内を闊歩したり、放っておいたら筋トレし始めたり、勉強が楽しくて仕方がないとか言ってみたり、突然ボビーの物まねしたりする一方、図書館でしっかりと勉強したりする真面目な一面ももつ、そんな彼はどのようなブログを書いてくれるのでしょうか。真面目に書くのか、はたまたやばい文章を書くのか、乞うご期待。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA