• 阪大バレー部の最新HPです

こんにちは!私こそが、芦田から紹介されました大阪大学理学部物理学科新一回生の安保貴悠(アンボタカヒサ)です!珍しい苗字ですが冗談でもあだ名でもなく本名です。一度同じ苗字の人に会ってみたいものですね。もし“安保さん”がこのブログを読んでいたら僕に連絡してください(笑)

さて、僕のプロフィールについてですが、僕の出身高校は大阪の私立清風南海高校で、中学から清風南海という温室で6年間育ってきました。4回生のきょーごさんと同じ高校です。清風南海高校は一応進学校ですが、僕は最後の最後まで勉強しなかったため時空を歪めてしまいました。なので、芦田と誕生日が一緒ですがぴったり一歳離れています。何とも言えない気持ちになります。めっちゃ太っちゃったし、しんどいし、浪人なんかするもんじゃないですよ。ほんとに。いや、ほんとにね。。。

 

 

……次に、ポジションについてですが、僕はセッターをやっていて、背番号は14番です。背番号に特に深い意味はありません。高校からバレーを始めたのですが経験者がほとんどいなかったうえ、ちょっとだけボールを扱うのが上手かったのでセッターをやることになり、そのまま大学でもセッターをやろうということで今に至っております。高校のバレー部では一つ上の先輩が一人しかいなかったため試合にでる機会にも、ボールに触れる機会にも恵まれのびのびとバレーボールができる環境でした。高校生の時は高校からバレーを始めたにしてはバレーが上手いという気分のいい立ち位置で楽しく気楽にやっていましたが大学にきたらそういうわけにもいかず、ポジション争いの荒波にもまれることを考えると、高校の頃の自信は見る影もなく、もう既にちょっと鬱になっています。いつか試合に出られるようになりたいですね。ほんとに。ほんとに。。。このまま話を進めていくと僕が病んでいきそうなのでこの辺で僕の自己紹介の話は切り上げて僕が大学に入ってから感じた大学生活の印象を書いていきたいと思います。

 

 

大学は人生の夏休みと言われていますが大嘘です。少なくとも僕にとっては大嘘です。普通に課題がいっぱいでるし、なかなかの忙しさだとと思います。充実した生活を送りたい人はいいかもしれないですが、僕は暇を愛し暇とともに生きる人間なので正直しんどいと思うところがあります。ただ、それが楽しくないというわけではないです。まったく遊べないとわけではないし、いい意味でとても充実した楽しい毎日を過ごすことができています。大学は遊べるところだ!楽なんだ!人生の夏休みなんだ!と思わなければギャップなく楽しめると思います。バイトについてはしてないんで何もいえないです。すみません。勉強についてなんですがしてないんで何も言えないです。すみません。くそ雑魚ナメクジですみません。でも忙しいんです僕的には。信じてください。皆さんも大学生になったらわかります。

 

 

最後に、読みにっくいうえに、勝手に高校生以下の人向けの文章にしてしまったこの駄文を読んでいただいてありがとうございました。今回はここで終わりますが僕にはまだまだ隠れた魅力がたっぷりあるので部員の皆さんは(そうでない方も)これからの安保に注目していってね。おわり💛

※写真はイメージです。実物とは異なります。

 

 

次は一回生を笑いでわかせてくれるバレー界のヒカキンこと、井上くんです!ご期待あれ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA