• 阪大バレー部の最新HPです

こんにちは、2回生レフトの臼井です。話をする前に告知でもしておきましょうか。

明日は阪大でリーグ戦があります。

よかったら見に来てね。では本題に入ります。少し前に同2回生の大塚に「攻撃力にすべてのステータスをふった男」と称されたり、前回の紹介でも「力強いバレー」と書かれたり、僕はとにかくスパイクが強い!という評価を受けています。そこで今回はスパイクの決め方について書いていこうかと思います。新入生でレフトやライトをやろうかと思っている人は少し参考にしてみてください。

 

※レフト用の文章になります。センターにとっては意義のない内容になるかもしれませんのでご注意ください。

 

スパイクを打つ上で最も大事なことは何か、それは空中姿勢とスパイクフォームです。これらが良くなればブロックの様子もはっきりと見えてきます。その次にどう決めるか、というのが今回の議題です。ここでは大きく3つに分けます。

1、ブロックをかわす

2、ブロックアウト(相手コート)

3、ブロックアウト(自分コート)

 

まずは1のブロックをかわすことについてですが。ここでは注意点が2つ。1つ目は、ブロックにかかる可能性のある所を抜く場合は通過点を上げること。2つ目が、明らかに打つ方向に体を向けないこと。まあ状況によって少しの妥協はありますが、これらを守ることは大事です。通過点を上げる、というのは打点をどうにかする、というよりも打ち出す角度を上げるということです。ブロックに当たる際に3mくらいの高さにボールがあるようにすればシャットはくらいません。あわよくば上を抜くことすら可能になってきます!そしてコートにおいて狙うべき場所は赤丸の場所です。青丸もいいですが、とられる可能性は少し上がります。

さて次は相手コートへのブロックアウトについて書いていきましょう!相手コートへのブロックアウトはとにかく指を狙う。特に外側の指は横に飛んでいくのでより有効です。赤丸に当てるとぶっ飛んでいきます。

しかしこのブロックアウトは相手に拾われる可能性があるので不十分な攻め方です。そこで、さらに有効な手段は3の自分コートへのブロックアウトになります。

 

自分コートへのブロックアウトで大事なことは何か、それは跳ね返ってきたボールにあたらないことと、ブロックフォローしている味方がわかりやすいように十分な距離のアウトをとることです。ではでは当てる場所を見ましょう。

左の赤丸でボールが出るのはわかると思いますが、実は右の方でも出るんです。このとき、手のひらではなく、確実に腕に当てましょう。手のひらだと、上手いブロッカーは真下に落とせてしまいます。しっかりと反射角を感じながら打てばポンポン外に出てくれます!

 

 

いかがだったでしょうか。これらの決め方を知ればスパイクがバンバン決まるようになる!というものではありません。残念ながら。結局はスイングの速さ、踏み込みの速さ、力の抜き具合等々、スパイクに必要な多くのファクターがあり、それを少しずつ練習していくしかありませんからね。

それでも考えることは進歩であり糧になり、自分の戦い方をより多くしてくれます。ここに書いたことはこの1年の僕の思考の結果です。ぜひぜひ皆さんも悩んで強くなっていってください!!

 

次回のブログは4回生レフトの前嶋基志さんです。「イキラズニハイキラレズ」を常に胸の内に秘めている阪大バレー部きってのイキリストであり、2回生全員の尊敬の的である基志さんはいったいどんなブログを書いてくれるのでしょうか。乞うご期待!!!

スパイクを打っているのが基志さんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA