• 阪大バレー部の最新HPです

新入生の皆さんこんにちは!
4回生マネージャーの宮武里奈(理・化)です。前回の関くんがめっちゃいい紹介をしてくれて嬉しい限りです。(いい紹介しろと言ったことは秘密です笑)

4回生と聞くと、大学生なりたての皆さんからすれば随分と歳上で、自分が4回生になった姿は想像できないかもしれませんね笑 安心してください、知らん間になってます(`・ω・´)笑

 

さてさて、昨日は新入生の皆さんにとって初めての大学での講義でしたよね!大学での講義は内容にしろ受講者の人数にしろ、高校の授業とはかなり違うなと感じられたのではないでしょうか?

大学での講義は受ける受けないも自由、真剣に聞く聞かないも自由で自分の好きなようにできますが、1セメ2セメでコケた先輩から言わせてもらうと、もちろん真面目に受けた方がいいです笑 ゆーていけるやろ卍みたいな気分でとっかかって、理学部化学科というほぼ化学しかやらん学科に属しながら基礎化学1というド基礎の科目を落としました。3回生の時、みんなが一緒に理学部棟で専門の講義を受けている間私は1人共通教育棟に向かい、必修の関係上2つも学年が下の子達と一緒に基礎化学1を再履修したものです。1回生の輝いた真摯な眼差しと教授からの1回生向けの言葉には幾度も心をやられました。

そんな辛い経験をしないためにも、講義(というか主にテスト)は頑張って受けましょう!笑

 

前置きが長くなってしまいました笑
今回私がお話するのは他大学バレーボール部との交流について!

2回生の緒方が先日話してくれましたが、阪大バレー部には他大学との交流を深められる主に3つの定期戦(阪名戦、七大戦、三大戦)があります。阪名戦は名前の通り阪大vs名古屋大、七大戦は旧帝大(東大、京大、北海道大、東北大、名古屋大、阪大、九州大)が集まり、三大戦は京大、神戸大と試合をします。すなわち名古屋大と京大は年2回は確実に会うってことですね!

京大は場所が近いこともあって練習試合も多く、神大とは近年リーグの部が同じなので顔を合わせることが多いです。なのでこの3大学は仲良くなりやすいですね。特に京大の部員とはプライベートでも仲いい人達は多いですよ!

でもだからと言って、基本的に年に1度しか会うことのない北海道大、東北大、東大、九州大の人達と仲良くないわけじゃありません。七大戦は1番大きな大会なので、全試合が終わったあとの飲み会もめちゃめちゃ大規模!七大学全学年揃って表彰込みの一次会、学年ごとに交流を深められる二次会(学年会)、酔いどれ達が大学も学年も問わず再結集する三次会、どれをとっても色んな人との交流が持てますよ!

 

というわけで!
主将が話していた阪大バレー部内での仲の良さに加え、他大学との交流の深さも分かっていただけたでしょうか!?

プレイヤー、マネージャー問わずバレー部の入部を少しでも考えてる方!是非一度、バレー部の体験にいらしてください!部員一同、温かくお迎えいたします( ´﹀` )

 

新歓ブログリレー、次の筆者は3回生の岡野(工・応理)です!写真でボール持ってる人です。
彼は大学からバレーを始めたにも関わらず持ち前の肩の力とジャンプ力を活かしてメキメキと実力を伸ばしており、先輩からも期待を寄せられている一方、部活全ブッチの大寝坊や車のスピードを出しすぎるなどちょっぴり?抜けたところも持ち合わせた大変魅力的な(自称)未来のプロゲーマーです。そんな彼がどんなブログを書いてくれるのか、乞うご期待!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA