• 阪大バレー部の最新HPです

さて、part .1 に引き続き、今年の七大戦を振り返っていきましょう。

part.2 では本戦1日目、2日目を見ていこうと思います。

 

 

まず初めに本戦1日目、2日目の試合結果の概要を示しておきます。

 

本戦1日目 1勝1敗

対 北海道大学 セットカウント1-2 (25-20,22-25,23-25)  で阪大の負け

対 東京大学  セットカウント2-0 (25-21,25-19)     で阪大の勝ち

 

本戦2日目  1勝1敗

対 九州大学  セットカウント2-1 (25-21,16-25,25-20)  で阪大の勝ち

対 名古屋大学  セットカウント1-2 (16-25,25-22,24-26)  で阪大の負け

 

 

 

8月14日 本戦1日目

 

本戦一日目には、第二試合に北海道大学、第六試合に東京大学との試合がありました。

本戦はフルで25点マッチの3セットゲームで行われます。

 

初戦は北海道大学との一戦! なんとか勝利を掴みいいスタートを切りたい!

 

 

 

1セット目は難なく取ることができました! 25-20 !

この調子でストレート勝ちしたいところ。

 

 

セット間は1回生たちが盛り上げてくれました。 なんでコスプレしてんのと不思議に思う人もいるかもしれませんが、それはおいおい説明していきましょう。今年のコスプレは主にJKとジブリをコンセプトにしたものだったのかな?ミニスカ履くのはいいけどたまに見えるのが男のなんで応援席からの印象はイマイチ。

 

 

2セット目もさらっと勝とう!

 

 

しかーし!! 2セット目を落としてしまうという痛恨のミス!!

 

ちょっと油断して気が緩んでいたのかもしれません。サイドアウトを取ることは出来ていましたが連続して得点することができず、終盤になっても相手との点差を詰めることができませんでした。 結局追いつきそうであと一歩及ばず、22-25でこのセットを取られてしまいます。

 

3セット目でなんとか巻き返したいところ。

 

みんなで応援~!

 

しかし、このセットも相手にリードされてから追いつくことができず、23-25という僅差で負けてしまい、セットカウント1-2で初戦から黒星を喫してしまいます。 1セット目の印象がそれほど悪くなかったので、やはり油断してしまい、そのまま立て直せずに2セット連取されてしまった形でした。相手が特に強かったわけでもなく、現に北海道大学は対阪大戦 以外では1セットも取れていないという相手だったことも踏まえると、やはり勝てた、というよりかは勝つべき試合だったように思えます。ちなみにこの試合で三回生 中山(ミドル)は88.9%(8/9)の決定率をマーク!

 

七大戦は3セットマッチなので勝とうが負けようがすぐ終わりますが、リーグ戦は5セットマッチなので、1セット目を取っても2セット目で落とすととっても大変です。初めのセットをイイ感じでとれた時は、その勢いをキープして2セット目を確実に取る。北大戦の反省をリーグ戦に生かしていこうと思います。

 

切り替えて東大戦頑張ろ~!!

 

 

 

第六試合は東京大学との一戦。

 

 

1セット目は25-21で阪大の勝ち!!意外とスムーズ!

 

 

ことしもこの男は健在。ポク。これももう1年前の話か!早いな! 誰やねんツイートはかなりのエンゲージメントを集めていました。そんな昨年度の応援団長ポクはことしも大活躍で、特にWhiteberry の『夏祭り』のイントロではその圧倒的な声量でみんなをリード。去年は総合演習のせいで染めてなかったけど今年は金髪。普通にカッコよかった。

 

そんなポクの後を継いで(?)今年の応援団長を務めたのは一回生の佐藤。最初はなかなかタイミングがつかめてなくて大変そうだったけど、徐々に慣れてました。「何でもいい」って言ってんのに同じ掛け声を出す場面も多かったゾ(笑) それもそれで面白かったから良し。お疲れ様でした~!

 

2セット目もいい感じ!

 

 

 

 

2セット目の終盤には余裕も出てきたので控えメンバーを積極的に入れていきました。

4回生 田中のサーブがとどめを刺しました。

↑この写真見てたら改めて自分 背低いなと実感、、、(´Д`|||)

 

この試合はセットカウント2-0で阪大の勝利!!

北大戦からの嫌な流れを切り替えて、しっかりと勝つことができました。

 

 

 

8月15日  本戦2日目 

 

はい! 本戦2日目でーす!

本戦2日目は第一試合に九州大学、第四試合に名古屋大学との試合がありました。

 

まずは九州大学との試合!頑張ろう!!

 

 

1セット目はいい感じ!! 終盤追いつかれないかひやひやしたけど、25-21で何とか取りました!

 

 みんな大喜び!

 

中村(臨時)監督のキレッキレな采配も光りました

 

 

ところが!!2セット目は中盤から一気に引き離され、阪大もなかなか追いつくことができませんでした。

 

2セット目は16-25で負けてしまいます。やばいやばい!!北大戦の二の舞か!?

 

勝負の3セット目。

 

苦しい場面もあるかなと思いましたが、なんとか集中を切らさずにサイドアウトを取っていき、相手のリードを許しませんでした。

 

 

 

マネージャーもノリノリです

 

最終セットは25-20で阪大が取り、セットカウント2-1で阪大の勝利!!

 

 

第四試合は名古屋大学との一戦!

 

名大とは6月に阪名戦でやって以来のゲーム。阪名戦での借りを返したいところ。

 

 

しかし1セット目はボコボコにやられてしまい、あっさり16-25で名大に取られてしまいます。くう、、

 

2セット目からの巻き返しを試みます!

 

 

なんとか食らいついていき、25-22で阪大が2セット目を取ることができました!

フルセットにもつれ込んだ試合は、激アツな展開を見せていきます。

 

 

チキンも応援してくれたよ!!

 

3セット目は終始リードされる展開となり、終盤になってもかなりの点差が残っていました。

しかし、途中交代で出場した3回生 大西がなんと5連続サーブ!!!

しかもうち2本がエース!!

 

 

いや、めちゃめちゃアツい展開でした、、、 一気に20点台に乗せてきて、ほぼ同点まで迫り、もうこのまま逆転サヨナラ2ランスクイズみたいな感じで勝っちゃうんじゃないかって思いました、が。

 

 

大西のサーブが切れてからデュースの状態になり、そこでサイドアウトを取ることに失敗、惜しくも3セット目を24-26で取られてしまい、セットカウント1-2で阪大は破れてしまいました

 

 

僕はこの試合が今年の七大戦で一番印象にのこりました。ただ、普通は終盤で5連続サーブ決めて追いつこうなんて意図してできないことなので、ある意味運がよかったな、と思います。 そういったミラクルに頼ることなく、序盤から自分たちの実力でやり合っていけたら、3セット目は取れていたかもしれません。2回生 桐谷にとってもこの試合が最も印象深かったことでしょう。キリは七大戦との相性よくないよね、なぜか(笑)

 

以上、本戦1,2日目の様子をお伝えしました!

 

グルメとか観光の話もあるけど、長くなるので今回は割愛。またいずれ。

 

part.3に続くよ!!

 

→part.1に戻る

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA