• 阪大バレー部の最新HPです

大阪大学工学部応用自然科学科一回生の関悠汰です。

 

富山県の高岡高校出身です。評論家モーリーロバートソンの出身校らしいです!(誰かよくわかりません)高校でもバレーをしていて、ミドルブロッカーをしていました。県でベストなんとか!ってかんじの順位でしたが、富山県での話なんで察してください。

 

・大阪大学を目指した理由
まず旧帝には行きたかったです。実家は富山なので富山から近いところとなると大阪か名古屋でした。(東京と京都は気にしたら負けです)なんで大阪にしたかと言うと自分達の代(まで?)は工学部にB配点があり、仮にセンター失敗しても入れるかな、って思ったからですね。他に理由がないわけではないですが、高校時代の先生に、大学はどこに入っても一緒で何をするかが大事って言われていたんで、主に配点が自分に有利か不利かで決めました。

 

・部活に入った理由
大学では部活にするかサークルにするか迷っていましたが、やっぱりやるならちゃんとバレーしたいなって思ったのと、部活に入るうえで一番の懸念が勉強とかバイトができないのではないか、ということでしたが、先輩たちがうまく両立しているみたいなのでそれで部活に入る決意をしました。あと七帝戦というのをご存じでしょうか?簡単に言うと旧帝国大学(北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)でナンバーワンを決めよう!という企画です。各大学の人とも交流を深めることができて、友達を増やすことができるみたいです。この七帝戦も僕が部活に入った理由です。だからもしいまこのブログを見ているあなたが阪大志望で大学でバレーをしたいとおもっているなら部活をおすすめします!

 

・部活の練習などなど
練習は特別きつくはありません。(楽とは言ってません)高校と同じかちょっと楽くらいですね。ただ雰囲気はちゃらちゃらした感じではなくみんな真面目にバレーに取り組んでいます。そのため僕はバレーを楽しめてますね。また先輩たちも優しく、バレーのことや仕事について教えてくれ、またたくさんジュースをおごってくださる先輩もいます。学食やコンビニで会ったらアイスとかおごってくれます!とても幸せです。ほんとバレー部入ってよかったです笑

 

・大学に入って思ったこと
大学に入って思ったことは、騙されたー!!、でした。みなさんは大学は人生の夏休み、とよく聞きませんか?これは嘘です。真っ赤な嘘です。まー、たしかに時間はあります。(あくまで一回生の6月段階でのはなしです。)ただ課題が大変。実験のレポートは何を書けばいいのか分からない。数学も無くなったと思っていた行列とか出てくるし、なんなんですかねほんと。なにが人生の夏休みなんですかね。言ったひとの顔を見てみたいもんですよ。

 

・大学でしたいこと
海外旅行ですね。家族四人なんですけど僕だけ日本から出たことないんですよね。韓国とか行きたいですね。台湾とかもいいですね。マレーシアとかシンガポールもいいですね。東南アジア系になにか憧れるものがありまふね。ヨーロッパも憧れますね。僕は第二外国語がドイツ語なんでどーせならドイツ語圏に行きたいですね。アウトバーンでフォルクスワーゲンとか最高ですね。イタリアもなんかいいですね。古代ローマとかすきですね。あと友達と行ってみたいですよね。海外絶対楽しいですよね。友達とわいわいしたいですよね。きれいな海とかいきたいですよね。おいしい料理とか食べたいですよね。お土産渡したいですよね。はい、すみません字数稼ぎです。

 

・バイトについて
バイトはしなくてもぜんぜん生活はできます。仕送りがいくらになるかにもよりますが、僕の場合はけちれば暮らせます。でも遊びたかったり、部活の道具とか欲しかったりしたら、必要ですね。塾のバイトはコスパがいいですが、がっつりは稼げなく、飲食はコスパが悪いですがガッツリ稼げます。まーぼくはなにもしてないんですが

 

・終わりに
一応今回は来年大阪大学を受験する人が見る、という体でこの文章を書きました。少しでも大阪大学バレー部に興味をもっていただければ幸いです。そしてあわよくば大阪大学に入学しバレー部に入ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA