• 阪大バレー部の最新HPです

こんにちは!男子バレー部1年の臼井洸佑です!!

今回は臼井について書いていきたいと思います!これが私、臼井です。

阪大に入学したら大阪城に行ってみてください!桜が綺麗ですよ。

 

さて、本題に入って臼井についてですが、中学校は京都府の最南端に位置しています。そんな立地なので、奈良も京都も詳しいです!社寺に興味のある人は是非訊いてみてください。僕は中、高とバレー部で活動してきました。なので走るのが大変苦手で、坂ダッシュをすると足を壊すし、バスケをすると血を吐きます。優しく接してください( ´ཫ`)。中学の時は先輩がおらず、同級生20人とともにバレーをしていたのでかなりグダグダしていました。高校に上がると「部活!」って感じで忙しいけど楽しい日々を送りました。そして大学に入り、またバレー部に入ったのです。大学では高校よりさらにきっちりしていて、連絡や給水など今までとは大きく異なり、最初は戸惑いました。しかし優しい先輩と素晴らしい同回生のおかげでなんとか慣れていくことができました。

 

話がそれましたが、もう一度話を戻します。趣味は友人と遊ぶこととゲーム。バレーは決して趣味ではありません。部活なのです。真剣なのです。特技は骨がめっちゃ出せることとか、ペン回しとか、手笛とか、マジックとか数えだしたらキリがありません。多才です。あと勉強が嫌いで、暗記能力がほぼありません。誰か上手い覚え方を教えてください!!あと僕はすごく真面目な人間です。バレー部のために部のある日は5限以降は取ってないし、授業もサボらないし、筋トレも頑張っています!バレー部では筋トレが活発です。ちなみに僕は基礎工学部・電子物理科学科に所属しています。理由はなんか面白そうだったからです。でも1年の間は少なくとも面白くなく、大変です…。工学系は忙しいから覚悟を持って入ってください。バレー部に入りたい人は、豊中キャンパスの学部に入るのをオススメします。吹田に行くと部活に出るのも一苦労ですよ。

 

これ以上僕の話をすると、話すことが多すぎて書ききれないので、バレー部について書いていきます!バレー部では、毎年10人くらいの新入生が入っています。結構大所帯ですね。練習前に1年がコート等の準備をするのですが、こっちはまだ楽です。大変なのは終わった後。急いで荷物を部室まで運ばないといけないのです。7時40分くらいに終わって、8時までに片付けしないといけないので、いつも余裕のない時間になってしまいます。でも先輩も手伝ってくれるし、1年みんなで協力すればなんとか終わります。来年は僕も力になります!試合や合宿がありますが、そっちの話はほかのところでも見れるので割愛。僕は部活でレフトをやっています。レフトは人数も多いし、大きい人もいて、競争が激しいポジションです。阪大のレフトはサーブカットが仕事なので、レフトやりたいなーと思う人はそこに注意してください。

 

最後に1年の司令塔、天才セッター緒方について書きます。僕は緒方のことを尊敬してるし、みんな緒方が大好きです。なのでみんな週一くらいで緒方家に行きます。緒方は優しいし太っ腹なのですごく親切にしてくれます!バレー部に入ったら緒方と仲良くするのがおすすめ。僕はレフトなので、セッターの緒方とは心で繋がらないといけません。これから頑張って緒方の心を開きます。あと緒方は人見知りなので、初めて会う人とそんなに積極的に話すことができません。勇気をだして話しかけて来る時があって、その時はちょっと静かな人っぽいな、って思うかもしれませんが、騙されてはいけません。彼は結構やんちゃな性格です。僕もいじられるし、男女差別で男には排他的な言動をとります。ご注意ください。そろそろ長くなってきたので緒方の写真で終わります。さようなら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA