• 阪大バレー部の最新HPです

はじめに

昨日6月18日 午前7時58分ごろ、大阪府北部を中心に最大震度6弱を記録する地震が発生しました。大阪大学はまさに震度の大きかった地域に立地しており、その影響で本日も全学休講、バレー部の練習も中止となりました。阪名戦が今週末に控えており、練習できないのはとても悔やまれますが、安全を第一に活動していきたいと思っています。部員をはじめ関係者の皆様も、余震等に注意して過ごしていただくようお願いします。

また現時点までに、今回の地震により9歳の女の子をはじめとする4名が亡くなられました。

謹んで哀悼の意を表します。

 

以下に挨拶分を掲載します。

 

こんにちは、阪大バレー部で副キャプテンを務めている安田です。

経済学部3年所属で、ポジションはセッターをやっています。

 

本日は新体制への移行にあたっての挨拶を、ということで文章を書くことになったのですが、いかんせん話題が見つからずどうしたものかと困ってしまいました。というのも副キャプテンという制度が生まれたのが昨年度で僕が2代目にあたり、仕事というような仕事があまりなく読者の皆さんにご紹介できるようなお話がないんですよね…
ということで今回は僕の簡単な自己紹介と、今後のチームの展望についてお話させていただきたいと思います。

 

まず、率直に言って僕はバレーが下手です。というのも高校時代はバレーボールに触れない生活を送っており、中学以来3年のブランクがあったんです(勿論それだけが理由ではありませんが)。ただでさえプレイヤー30人を越える大所帯、セッターだけで5人もいる阪大バレー部では競争の激しさも尋常でなく、ベンチ入りするのも一苦労です。プレイヤー達は自分に何が出来るのか、何をすればよいのかを考えながら部活に参加しています。僕もその中の1人として、とにかく場を盛り上げようだとか、1本でもスパイカーの実力を引き出して伸ばそうとか、(偉そうな表現になってしまいましたが)そんなことを考えて練習をしています。

 

そんな阪大バレー部は今重大な帰路に立たされています。というのも、高身長と圧倒的なパワーで今までチームを引っ張ってきた絶対的エース達が引退してチーム方針の転換を迫られているのです。しかし、今まで平均身長の低かった我々阪大バレー部に頼もしい1年生たちが入部してくれたため、(絶対的エースの不在という問題はありますが)今までよりも格段に戦術の幅が広がりました。もちろん上級生も負けていられませんから、自分の武器を伸ばし苦手を克服するべく日々必死に練習しています。また、今はマネージャーも多数在籍しており、我々選手は何一つ心配・不安なく自分の練習に打ち込むことができています。本当に彼女たちには頭が上がりません。

 

もちろん新体制始動直後の現在は練度も低くチームとして完成しているとは言えませんが、むしろこの状況だからこそ個々の地力を伸ばしチームとしての結束・連携を深めるチャンスだと前向きに捉えて今後の試合に向けて訓練していく所存です。
練習場所、時間の不足や連携の弱さなど大人数ゆえの不満を挙げればキリがありませんが、個々人があれもこれもと仕事を負わずに練習に打ち込み、実践的な練習等も常に行うことのできる今の環境を大切にしていきたいと思います。

 

まだチームとしての方向性も固まりきっておらず、今は多数の部員を持て余し気味と言えなくもない阪大バレー部ですが、それこそが”副”キャプテンの腕の見せ所と奮起して1年間務めあげたいと思います。

 

このブログの読者には他大学のバレー部の方、阪大バレー部を応援してくださっている方、阪大バレー部OBの方、阪大への入学を考えている方など色々な方がいるかと思いますが、チームとしての当面の目標は七帝戦優勝、関西リーグ2部昇格ということで今後も精力的に活動していきますので是非応援よろしくお願いします。

 

長くなりましたが、これでご挨拶を終えさせていただきたいと思います。

 

 

明日からは新入生の自己紹介リレーが始まります!!お楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA